本文へスキップ

要鍼灸院は、大阪府大東市住道駅から徒歩5分の鍼灸・マッサージ院です。-完全予約制-

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-865-1205

〒574-0062 大阪府大東市氷野1-7-37

施術方針/施術形態about kaname's treatment

施術形態

当院では以下の二つの施術形態で施術を行っております。

院内施術(自費施術/保険施術)

自費施術

自費診療です。通院して施術を受けていただきます。
時間をじっくりとかけた診察・説明・施術を行い、できるだけ早く症状が改善することを目指します。
本格的な東洋医学の手法を使って、つらい症状だけでなく、体調全体を整え、日常の養生指導、こころのケアまでトータルにサポートします。

保険施術

通院して施術を受けていただきます。
当院では保険施術は70歳以上の方が対象で、1回の施術時間は20分です。
健康保険適用範囲内で治療を行います。短時間の施術で通院回数が多めの施術になります。
鍼灸の健康保険適用には医師の同意書が必要になります。
なお、鍼灸の健康保険適用は適用疾患が6種類に指定されています。
くわしくはこちらをご覧ください。

訪問施術

健康保険適用。歩行困難な方で通院できない方のみ対象。医師の同意書が必要。
ご自宅や入所中の施設に訪問して施術いたします。関節の固まりや筋肉の委縮を防ぐ施術が中心。
院内施術より時間はコンパクトですが、施術頻度が多いです。
自費診療で行っているような東洋医学の手法を部分的に取り入れて、養生指導、心のケアも織り交ぜて施術していきます。
   

施術について

機械を使わないシンプルな施術

当院では機械をあまり使いません。
おもに手、ハリ、お灸を使ったシンプルな施術を行っています。

ツボ探しやツボへの働きかけはとても繊細でミリ単位の操作が必要です。
さらに人それぞれに微妙なさじ加減が必要です。同じ症状を持つ2人の人に
全く同じ操作をしたからといって二人とも治るとは限りません。
この繊細な操作をオーダーメイドで丁寧に行うことでツボの働きは最大限に
生かされます。

それぞれの患者様に最も適したツボ、最も適した刺激量で治療するために
手で操作することにこだわっています。

より良い治療効果が上がるよう、日々技術向上のため精進しております。

体全体の状態と症状の関連を診ます。

当院では、西洋医学的な観点と、東洋医学的な観点両面からの診察を行います。

東洋医学の診察は脈を診たり、舌を診たり、お腹や全身のツボを触ったりします。患部の状態も診ますが、症状のある場所とは全く異なる場所を診たりすることもあります。これは体全体の状態と症状の関連を探し、病の根本を治すという考え方が東洋医学にはあるからです。
詳細にお体を診るため、初回は少し診察に時間がかかることがあります。

鍼やお灸や推拿(すいな、中国式マッサージ)による治療を進める中でお体の状況が少しずつ見えてきます。
治療の後半にはお体の状態をなるだけわかりやすくご説明いたします。

東洋医学の生理・病理は西洋医学とはずいぶん異なり、専門的な言葉もたくさん出てきます。
ですが、なるだけ日常耳にする言葉で、わかりやすいご説明ができるように心がけています。

お体の状態や、どんな治療をしているのか等、疑問がある場合はご遠慮なくお尋ねください。



毎回が初診です。

体は日によって状態が違います。
一見健康な人であっても、疲れているとき、胃腸の調子が悪いとき、だるく感じるとき、朝起きたら顔がむくんでいるとき、などなど常に一定の体調を保っている人はほとんどいません。
「病気ではない」ということは同じでも体の内側の環境はどの人もみんな状況が日々違うことを意味しています。
また、たとえ症状が先週と今週で同じでも、その症状が起きている原因が異なるときもあります。

当院ではこのような体の違いを、毎回の治療でチェックしてその日その日の体調に合わせたツボを選び施術
していきます。


ツボはなるべく少なく

ツボは体に信号を送ってくれます。
「あたたたまりなさいよ」
「もう少し熱を落としましょう」
「ここのラインの気血の通りをよくして筋肉をゆるめましょう」
「体の水分代謝を上げてむくみをとりましょう」
「血の滞りを流しましょう」などという具合です。

ツボの数が多くなりすぎると体にたくさんの信号が与えられます。
すると体がどちらの方向に向かえばよいかわかりにくくなってしまいます。
道案内はなるだけシンプルな方がいいですよね。
それと同じで、体が良い方向に迷わず迎えるよう、当院では鍼やお灸をする
ツボの数はなるべく多くなりすぎないようにしています。
お体の状態、症状の改善具合により前後しますが、だいたい3〜10か所くらいです。


ハリは細く、すべて使い捨て

当院では、ハリはすべて使い捨てのものを使用しています。
それにより細菌やウイルス等への感染の心配がないようにしております。
また鍼には日本鍼と中国鍼がありますが、当院では細くタッチのやさしい日本鍼を
メインで使用しています。
ハリというと馴染みのない方はどうしても注射のようなイメージを思い浮かべられますが
メインで使用している実際の鍼は髪の毛ほどの細さ(0.14ミリ〜0.18ミリ)のもので、
注射針のように中心に穴も開いておりません。
ですので、注射のような痛みはありません。

ハリを刺す時にも痛く感じないよう刺す工夫があります。
ハリが刺さったかどうかわからず無痛で入っていく時もありますし、痛みを感じるとしても
つまようじでチョンとつついたようなチクッとした痛みがある程度です。


その人にとって一番よい選択肢

東洋医学は西洋医学の不得意な部分を埋めるものですが、万能なものではありません。
状況によっては病院で治療を受ける方がその患者様にとって回復が早い場合もあります。

診察させていただいた上で、当院で鍼灸や推拿による施術を受けるよりも先に病院で西洋医学的な治療を受けた
ほうが良い状況の時には無理をせず、その旨をご説明し、ご相談したうえで方向性を決めさせていただきます。

店舗イメージ

shop info.店舗情報

要鍼灸院

〒574-0062
大阪府大東市氷野1-7-37
TEL.072-865-1205
FAX.072-865-1205


ネット予約はこちらから
クービック予約システムから予約する
(リンパドレナージュのご予約はお電話にてお願い致します。)